失敗を経て気付いたこと

失敗を経て気付いたこと

某有名海外メーカーのコスメを使っていたときのお話です。友人にすすめられたのがきっかけでそこのコスメを使うようになり、シャンプーやコンディショナー、洗顔フォームなどはすべてそこのものを使用していました。

 

特にお気に入りだったのは洗顔フォームでスクラブ仕様だったのですが、初めてスクラブ仕様のものを使用したというのと使用後のすっきり感がとても気持ちよかったので愛用していました。

 

けれど、そこのブランドが大幅にリニューアルすることになり愛用の洗顔フォームもリニューアルされました。リニューアル前は何の問題もなく使用できていたので引き続き使っていたのですが、どんどん肌が荒れていき元々肌は弱かったので単純に荒れているだけと思って掛かり付けの皮膚科へ行ったところ、リニューアル後の洗顔フォームを使用したことが原因だとわかりました。

 

自然のものを使って作っているとはいえ海外メーカーですので、敏感肌の自分にはリニューアル後の商品は合わなくなってしまったのです。そこから、今まで大丈夫だった市販のふき取りタイプのメイク落としでさえ使用すると肌荒れを起こすようになってしまったのです。
敏感肌に拍車をかけてしまったかもしれないけれど、いいきっかけではあったかもしれません。

 

このようなことがない限り「自分は敏感肌」というだけで、適切なケアをしようとは思わなかったでしょう。敏感肌用の化粧品でもさらに低刺激のものでないと自分には合わないと気付くことができました。自分に合ったものを探すのは大変だけど、こういう失敗を経験することは決して無駄ではないと知ることが出来ました。

 

美容ドリンク人気効果ランキングはこちら